初めての子供のスマホの選び方(親が格安スマホを使用している場合)

子供にキッズ携帯を持たせることができない場合があります

子供に親の不在時の連絡や位置の確認の手段として、携帯端末を持たせよう、と考えた時、下記のような最低限の機能にとどめたいのであれば、キッズ携帯は最適であると言えます。

・特定の人だけに電話やEメールができる
・GPS機能があり、子供の位置確認ができる
・インターネットは必要なし(使わせたくない)

しかし、親が使っているスマホのキャリアが主要キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)以外の格安スマホの場合、キッズ携帯を使うことができません
キッズ携帯は主要キャリアでしか扱っておらず、また、ほぼどこの主要キャリアでも、子供の端末だけでは契約ができないからです。仮に契約したとしても、安心確認機能は、親も子も同一キャリア間でしか使うことができないため、利用価値としても低いものになってしまいます。

親が格安スマホの場合、子供のスマホの選択肢もスマホになってしまう

子供に携帯端末を渡すタイミングで、親も子も同一の主要キャリアに変更し、親はスマホ、子供はキッズ携帯、という方法もあります。
しかし、親が格安スマホを継続する、という前提条件がある場合、子供もスマホにする、という選択肢が濃厚になってきます。

小学生の子供にオススメのスマホは?

主要キャリアの子供向けのスマホを購入する、という方法もありますが、今回は親が格安スマホを所持している、という前提条件なので、子供も格安スマホで検討していきます。
格安スマホの中で、子供が持つのにオススメなのが、TONEモバイルとLINEモバイルです。

TONEモバイル



TSUTAYAの通信サービス。子供向けのスマホとして、雑誌などでも話題。全国子ども会連合会に推奨されています。
月額使用料は1000円~(インターネット使い放題)。
特徴としては
・見守り機能がついているので、親のスマホから子供のスマホの位置確認ができる
・子供のスマホに入れるアプリを親が選べる
・アプリごとに、子供が使うことができる時間数を親のスマホから設定することができる
・WEBのフィルタリング機能がある

子供が使うことを考えると、安心度抜群の格安スマホと言えます。
一点ネックなのは、使うことができるスマホ機種が限られているため、家で使っていないスマホを使用する、ということができません。

LINEモバイル



LINEの通信サービス。LINEや主要SNSのデータ通信量をカウントしないカウントフリーなどの独自のサービスを行っています。
月額使用料は月額500円~(月間データ容量 1GB)
・フィルタリングアプリ「i-フィルター」を無料で利用できる。
(インターネットの利用時間制限やウェブサイトのフィルター設定、位置情報確認などを行うことができる。)
・LINEフリープランだと、LINEアプリの通話・トークが使い放題になる

多くのSIMロックフリー端末を使うことができるので、家で余っているスマホを利用することも可能です。
最も安い1GBの契約でも、LINEでの通話やトークが使い放題になります。LINE利用に関してはデータ容量を気にせず使うことができます。LINEの利用がメインで、インターネット利用はあまりない、ということであれば、非常に良心的な価格で利用することができます。
もともと有料のフィルタリングアプリを無料で利用できるところもポイントです。

子供にスマホを渡すときの注意点

アプリのフィルタリング機能で、子供にスマホを渡す前に、あらかじめ使用時間等の制限を付けて置くと安心です。
その際、親子でよく話し合っておくことが大切。何のためにスマホを渡すのかをしっかり伝え、その上で、子供と使う時間や、スマホをどのように扱うか、親子間でルールを決めておきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です