学童を卒業した後、スマホやキッズ携帯を持つメリット・デメリット

学童を卒業したら、キッズ携帯やスマートフォンを持たせたほうが良いか、悩まれるご家庭も多いかと思います。
持たせたほうが便利な反面、トラブルに巻き込まれる危険性について考えると二の足を踏んでしまうことも。
この、スマートフォンやキッズ携帯を持つことのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。
まずはメリットから挙げていきます。

帰宅後の行動を確認することができるGPS機能

子供のスマホやキッズ携帯を親のスマホと連携することによって、GPS機能で親スマホのアプリから子供スマホや携帯の場所をリアルタイムに知ることができます。
放課後、子供が出かける時にスマホや携帯を持ち歩けば、どこで遊んでいるのか、習い事にきちんと行けたかどうか、出かけた後きちんと帰宅したかを子供に直接連絡しなくても、また子供が連絡してくれなくても確認することができます。

メールや電話でやりとりができる

これまでは、放課後困ったことがあれば学童の先生が対応してくれましたが、今度は子供が自分で対応していかなければなりません。
そんな時、親とメールや電話で直接やり取りできるツールがあると、子供は安心して連絡できます。また、親も気になったことがあった時に、子供が自宅以外にいたとしても、タイムリーに連絡が取れるので便利と言えます。

上記によって、親は子供の行動が見えない不安や心配を、多少なりとも解消することができるでしょうし、子供もまた、不安な時やいざという時に親に連絡できることは、安心して留守番の時間を過ごせる材料のひとつになるでしょう。

では、持たせることのデメリットを挙げていきます。


インターネット機能で犯罪に巻き込まれないか心配

出会い系のサイトやコミュニティサイトで悪質な人と知り合い、犯罪に巻き込まれる犯罪が増えています。
また、インターネットで友達の写真や動画を勝手に投稿しまうなど、本人は悪意がないままに加害者側になっていることもあります。

LINEいじめが怖い

スマホを子供たち同士で使うことによって、仲間外れなどいじめが起こっている、というニュースをよく耳にします。また、友達同士でLINEをやり取りするようになることによって、スマホを常に手元に置き、手放せなくなる、という話も聞きます。

ゲームのやり過ぎが心配

大人も夢中になるスマホアプリもあります。子供にスマホを与えると、スマホアプリのゲームに夢中になり過ぎて勉強をしなくなるのでは?という心配があります。

メリット・デメリット両面を考え、話し合うことが大切

購入する場合は、『子供が欲しがるから』や『1人の時間が多くなるから』とぱっと購入するのではなく、子供がスマホや携帯を持つことのデメリットとメリットをよく家族で考えて話し合い、その上で決めることが大切です。
購入するのであれば、デメリットをいかに解消するかを先に考え、子供とも話しておきましょう。

使い方次第で、デメリットを減らしていくことは可能

上記に挙げたデメリットは、ある程度解消することも可能です。
例えば、インターネットの犯罪が怖いのであれば、キッズ携帯にして、インターネットは使わせないようにするのもひとつです。また、インターネットを使わせる場合は、子供に有害な情報を閲覧できなくする、フィルタリング機能を利用しましょう。
ゲームのやりすぎが怖い場合は、1か月にそのアプリの使用時間をあらかじめ決める機能使える時間を設定できる機能が付いたスマホもあります。
いじめが気になるLINEですが、スマホを購入したとしても、家族間でやり取りする、ということがメインであれば、あえてLINEは使わない(インストールしない)、という方法もあります。
でも、一番大切なことは、子供とじっくり話し合うことです。インターネット上で何をしたらいけないのか、子供と話す機会を持ち、説明することでトラブルを回避できることは多いはずです。
親子で何のためにスマホや携帯を購入するのかを話し、できるだけデメリット部分を減らせるよう、ルールを決めることが大切です。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です