子供にあえて鍵を2つ渡すという選択肢


子供に鍵を1つ渡すだけも親としてみれば、預けて大丈夫かと、不安な気持ちになってしまうものですが、今回は『あえて』2つ預けてみる、という方法についてご紹介したいと思います。

学校に鍵を持っていく→帰宅して習い事用のバッグに鍵を入れ替えて持っていく→鍵を習い事バッグから出し忘れて学校に…

こんなパターン、経験されたことはないでしょうか?

学校から帰宅後、友達と遊ぶ約束をしていたり、習い事の予定あり!
子供はランドセルなど学校の荷物から鍵を取り出し、これから出かけるための荷物に入れ替える。
              ↓
帰宅後、鍵を入れ替えたことをすっかり忘れて、翌日に持ち越し
              ↓
そのまま忘れて学校に行ってしまい、帰宅後気が付いて、家の中に入れないので玄関で待っている。
もしくは、子供が大人に助けを求めた場合は、学校や近所の人から親に連絡が入る。

基本、鍵をランドセルの肩紐につけていたり、ランドセルのポケットの中に入れている場合に多いケースかもしれません。

入れ替えるから、忘れてしまう

大人も、使用しているバッグを違うバッグに入れ替えたタイミングで、入れ忘れをしてしまった、ということ、よくありますよね。
子供も、鍵の場所を入れ替えることから、忘れ物に繋がってしまうことが多いんです。
鍵のルールは、徐々に子供が忘れないよう、慣れていく場合もありますが、何度言いきかせても、なかなか守れない子もいます。

そこで『鍵を2つ』の選択肢

まず、1個目の鍵は学校に持っていく用として使用します。
どこにしまっておくか等、ご家庭によってやり方はそれぞれあると思いますが、絶対に忘れないよう、付け替えが発生しないようにします。

これで、学校に帰った後、家に入れない、という一番の問題を回避することが出来ます。

そして、2個目の鍵は、外出用として利用します。
習い事や遊びに行くときに利用します。
玄関など、置き場所をしっかり決めておくとよいかと思います。
出かける時持って、帰って鍵を開けたらすぐにしまう、などルールを決めると紛失防止に繋がります。

2つ目の鍵は、複数の習い事だったりと、いろいろな場所に持って行く分、置き場所のルールを徹底化していないと紛失しやすいです。
親も時々、鍵が見当たらないときは、きちんと確認していかなければなりませんが、ここで便利なのが、以前このサイトでも紹介した忘れ物防止キーファインダー『NUT』です。
この鍵のキーホルダーとして付けておき、親のスマートフォンに専用アプリをダウンロードしておけば、遠隔でキーホルダーからアラームを鳴らすことが出来ます。(※注意:GPSではなく、Bluetoothの仕様ですので、鍵をどこかに置き忘れて遠距離の場合は反応しません)。家の中にある場合は、アラームによって場所を特定することができます。

鍵の持ち方について家族で話し合いましょう

鍵を2つ渡す、ということはリスクも伴います。
例えば、2つあると
1つ紛失してしまった!でもお母さんに怒られるから、もう1つを使ってごまかそう!
など、子供がしばらく失くしたことを親に隠そうと思えば隠すこともできます。
そうすると、失くしてすぐの頃であれば場所の特定が容易であったのに、何週間も経ってからでは、もうどこから探せばよいのかよくわからない、なんてケースも考えられます。

この方法が一番良い!というものはありません。
家族でよく話し合い、生活していく上で、自分たちになじんだルールを作っていけると良いでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です